2037'08.22.Sat

CrossSoulダウンロード

↓クリック、別窓で開きます。

CrossSoulダウンロード


ジャンル:AVG風カードゲーム
容量:100MB以下
プレイ時間:30分~1時間

複数のカードを組み合わせて攻撃したり
二つのカードを交感させて特殊技能を発動させたり
クロスがコンセプトのゲームです
ゲームダウンロード:  トラックバック(-)  コメント(0)
2037'08.22.Sat

このブログについて。

わらとしです。
ウディタで「クロス・ソウル」というゲームを作ってます


開発は2016年3月より「初めてのウディタSNS」で細々と作って降りました

ゲームは最初はシンプルにと聞いたので
簡単なものを一ヶ月くらいで作ろうと思ってました

ただ誤算は本当の初心者にはどんなゲームが簡単か難しいか
それすら分からない事

結果一年以上経っても完成せず
このままじゃいけないと考えWOLF RPGエディターコンテストという
ウディタのゲームコンテストに参加することに

目標があればなんとかなるかと考え単ですね


参加してみた結果学んだことは
一人でゲームを作るのはやはり難しいと言うこと
誰かに見て意見をもらわないと自分には厳しいとことです


ということでブログを新たに立ち上げ
ゲームを常に公開し意見を募る事にしました

「クロスソウル」をやってみて
不満があったり意見があったりバグを見つけたら
メールでもブログのコメントでもいいので是非報告してください


よろしくお願いします


※ゲームはリンクのアップローダにあります。
初めての方へ:  トラックバック(-)  コメント(0)
2037'08.21.Fri

デバッカー募集

カウンターが一気に増えてて
もしかしたらウディコンの流れで今だけ人が多いのかもしれません
なのでこの機会にデバッガーを募集します

と言っても多分立候補する人もいないと思います

なので、たまに来てプレイしてコメントかメールを頂ければとおもいます
数回くらいコメントしてくれた方はENDなどに
名前を載せさせていただきます

よろしくおねがいします


■予定

1、会話増設2~4話(現在作業中)
2、フリー戦闘追加2~4話
3、戦闘後のランダムトレード設置◯
4、セーブ数増設
5、戦闘中のウェイト設定

6、ダメージ予測&ダメージ計算●●

7、戦闘中戻るボタン?(間違って精霊場に置いたときキャンセル)
8、移動能力の行動不能能力可視化
9、チュートリアル再編集●

10、テンションシステム実装◯(戦闘で下がり、お菓子で回復)
11、カードショップ設置
12、メッセージウィンドウ調整
13、功績システム最適化

●かなり重い
◯そこそこ重い

一ヶ月以内目標です

[13]まで来たら本格的なデバッグや感想等欲しいですが
その前にもダメージ予測やチュートリアルあたりで
軽く見ていただけたらなと思います

よろしかったらお願いします
更新修正・バグ報告:  トラックバック(-)  コメント(0)
2017'09.23.Sat

トレードシステム改良、戦闘後トレード(一部)

・トレードシステム改良

・戦闘後トレード(一部)


■トレード
表示一部変更
トレードを断れるようにクッション設置
トレード決定前にデッキを確認できるように変更


■戦闘後のトレードはまだ工事中で
フリーバトルでカードショップのケンジのみ設置です

条件は戦闘評価4つで各一回確率でトレード決定
運がよければ評価がダメダメでも4枚トレードカードが出ます
後に難易度を上げると難易度1につき1枚増えます

■注意点
主人公の手持ちカードの中に、トレード相手に設定されてる色属性
1~2色をもつカードを所持してる必要があります

10枚を越える場合はランダムで選ばれます


■トレードの今後
全フリーキャラのトレードを設置
相手もトレードを確率で?断るようにする
(印象値は顔グラの下の黒い所に表示)
トレードを断ると印象値が下がり相手も断る確率が上がるようにする


トレードコモンは800行くらいあった所を400行まで整理できました
テスト回数を多めにやったのでバグは少なめ・・・だと思います
更新修正・バグ報告:  トラックバック(-)  コメント(0)
2017'09.22.Fri

参考ゲーム2「カルドセプト」

本日も更新お休みです

■トレードをいじったらバグが出るわ出るわ
これまでもあったバグと整理中に新たに発生したバグで
発狂しつつ進めてます



■さて参考ゲームの二作目は「カルドセプト」です
イタダキストリート+カードゲームといったゲーム
知名度はやっぱ低め?でもかなりおすすめです

もともとイタダキストリート系が面白いのもありますが
それに輪をかけてカードとの相性も良好なんですよね

なにより凄いのがカードプールの広さ
シリーズによっても違うと思うし完全上位互換も結構あるのですが
わりと少ないカードながら選択できるカードが多い


■理由は二つあると思います

一つはマップの存在、普通のカードゲームではあり得ないのですが
マップによっては有効なカードとそうでないカードがあり
広ければ弱くても低コストを多めとか、弱いカードも活躍機会があります

二つ目が第二属性!これが前回言ったカードプールを広げる妙案です
色属性のような属性があればカードプールは広がるなら
もう一つ属性を作ればいいじゃない!


■このシンプルなアイデアによって種族属性が生まれ(たぶん)
種族属性で相乗効果を作るのはもちろんですが

これで終わらないのがカルドセプト
種族属性対して即死能力を作る事でさらなる戦略の進化

特定の種族で固めると即死でメタられるので
デッキの種族をバラけさせる必要が生まれ
結果ちょっと弱めのカードも活躍機会が出る!


■凄い

凄すぎてパクりたいですねこれ
特定の種族に対して即死(確率50%とか?)の能力を作り
種族を設定するだけでかなりデッキを考える楽しみが広がりそう!


ただ複雑になるので導入するかどうかは迷いどころです
ゲーム考察:  トラックバック(-)  コメント(0)
 |TOPBack